HOPE事業 啓発事業|がん研究助成や振興を行う公益財団法人がん研究振興財団

革新的がん医療実用化研究推進事業 -HOPE研究助成 (海外派遣支援)-

革新的がん医療実用化研究推進事業 HOPE研究助成 (海外派遣支援) 趣旨
国の「がん研究10か年戦略」による研究支援事業を継続的に推進していくため、
幅広い分野の柔軟な発想を持った若手の人材をがん研究領域に取り込むとともに、
国際化の進展のための海外派遣等の研究支援を行います。

本年度事業内容

平成28年度HOPE事業研究助成金(海外派遣支援)の公募を下記のとおり行います。
詳細は、応募要領をご覧ください。

※以下の書式は、変更せずに使用して下さい。また、両面印刷をせず、片面印刷で提出して下さい。

書式 PDF Word
申請書(様式1)
派遣候補者の研究(留学)
計画書(様式2)
派遣候補者の履歴書(様式3)
研究報告書
派遣に係る申告書(様式4)  
受入承諾書(様式5)  

平成28年度受賞者

氏名 派遣先での研究テーマ 派遣先
研究機関
所属機関
吉田 達哉

・肺癌、悪性黒色腫に対する immunocheckpoint inhibitors と分子標的治療薬の併用療法の基礎的検討

・Neoantigen に対する adaptive therapy の基礎的・臨床的検討

New York University Langone Medical Center

Laura and Isaac Perlmutter Cancer Center

愛知県がんセンター中央病院
大西 奈都子 Radiomics および Radiogenomics を用いて、乳癌の診断や治療に役立つ imaging biomarker を同定する研究 Memorial Sloan-Kettering Cancer Center 京都大学大学院医学研究科