がん研究助成事業|がん研究助成や振興を行う公益財団法人がん研究振興財団

がん研究助成等推進事業 -がん研究助成事業-

がん研究助成事業 趣旨
がん治療の新分野開拓のための優秀な研究に対して、
毎年「がん研究助成審議会」の審査を経て研究助成金を贈呈しております。

本年度事業内容

2019年度(第52回)がん研究助成金の公募は終了致しました。

書式 PDF Word
事務処理要領
平成30年度
書式 PDF Word
研究報告書表紙(A課題)  
収支決算報告書(A課題)  
研究報告書表紙(B課題)  
収支決算報告書(B課題)  
事務処理要領
平成29年度
書式 PDF Word
研究報告書表紙(A課題)  
収支決算報告書(A課題)  
研究報告書表紙(B課題)  
収支決算報告書(B課題)  
事務処理要領  
平成28年度
書式 PDF Word
研究報告書(一般A)  
収支決算報告書(一般A)  
研究報告書(一般B)  
収支決算報告書(一般B)  
研究報告書(特定)  
収支決算報告書(特定)  
事務処理要領  

2019年度受賞者

助成金受賞者(一般課題A 20名)

氏名 所属機関 研究課題名
平山 順 公立小松大学 癌を誘発するストレスシグナルが体内時計を破綻に導く分子機構
石本 崇胤 熊本大学 腫瘍間質由来エクソソームによる抗がん剤抵抗性獲得メカニズムの解明
西川 恵三 大阪大学 エピゲノム創薬にもとづくがんの骨転移抑制薬の開発
宮居 弘輔 防衛医科大学校 前立腺癌診断におけるmulti-parametric MRI 偽陽性・偽陰性例の病理学的・形態計測的検討による正診率の向上
玉井 恵一 宮城県立がんセンター研究所 胆管癌における、静止期がん幹細胞に誘導する分子機構の解明
大本 晃弘 がん研究会有明病院 頭頸部原発神経内分泌がんの臨床病理学的特徴とその遺伝学的背景に関する研究
永田 安伸 日本医科大学 骨髄異形成症候群(MDS)から白血病発症に至るまでのクローン進化機序の解明
園下 将大 北海道大学遺伝子病制御研究所 遺伝子変異の多様性が膵臓がん形質に及ぼす影響の解明と新規膵臓がん治療法の開発
冨樫 庸介 千葉県がんセンター研究所 HLA class Ⅰ/class Ⅱとがん免疫療法の効果と耐性への影響の解明と新たな治療開発
山口 知也 熊本大学大学院 肺がんにおける腫瘍内不均一性を示す癌胎児性抗原としてのROR1発現細胞の役割
荻原 秀明 国立がん研究センター研究所 ARID1A欠損型卵巣明細胞がんにおける個別化治療法の開発
井田 智 がん研有明病院 胃癌手術後の詳細な血糖値変動の実態把握と、個別化栄養介入によるダンピング症候群の克服
西川 義浩 京都大学大学院 膵癌の維持・進展においてHes1が果たす役割の解明
谷口 博昭 慶應義塾大学 革新的エピトープ探索法によるがん幹細胞性分子特異的な重鎖抗体作出とコンパニオン診断法の確立
村上 優子 東京工科大学 合成致死表現型を利用したLATS2変異がんに対する新規治療標的の探索と機能解析
早河 翼 東京大学医学部附属病院 TGF経路依存性浸潤型胃癌の線維化・血管新生メカニズムの解析と治療応用
今村 裕 がん研有明病院 上部消化管腺癌におけるMSI-lowに着目した網羅的免疫・ゲノム解析による新規免疫治療創出
井上 聡 国立がん研究センター研究所 イソクエン酸脱水素酵素 IDH) 変異がんにおけるDNA修復異常を標的とした新規治療法の開発
山本 雄介 国立がん研究センター研究所 Hipp 経路阻害剤によるKras変異型肺がんへの治療法の最適化
佐々木 由香 長崎大学大学院 肺がん細胞におけるポリ(ADP-リボース)分解酵素(PARG)とDUSP22機能阻害条件下における合成致死誘導メカニズムの解析

助成金受賞者(一般課題B 10名)

氏名 所属機関 研究課題名
河添 仁 慶應義塾大学 ニボルマブ及びペムブロリズマブの有効性に影響を及ぼす併用薬と腸内細菌叢の臨床及び基礎研究
原田 耕平 札幌医科大学付属病院 年齢・性別を考慮した新しい標準肝容積算出における研究
島田 直毅 (公財)がん研究会 有明病院 がんFDG-PETの標準化に向けたファントムデータベースの構築と画像評価手法の確立
真川 明将 名古屋市立大学病院 抗がん剤の腎障害における腎老化細胞の役割に関する基礎的研究
岡田 直人 徳島大学病院 臨床データと医療ビックデータの融合による多層的データマイニング手法を基盤とした免疫チェックポイント阻害薬による致死的免疫関連有害事象の発現リスク評価法の構築
渋川 周平 東海大学医学部付属病院 脳血流及び脳温度評価を用いた脳腫瘍放射線治療における脳壊死画像診断
近藤 勝弘 名古屋市立大学大学院 腫瘍崩壊症候群リスクの個別化における「尿酸トランスポーター遺伝子解析」の有用性
平田 勝啓 京都大学医学部附属病院 新規免疫染色法を利用した病理診断の迅速化と精度向上に関する研究
松金 良祐 九州大学病院 日常診療情報の活用および患者遺伝子解析による免疫チェックポイント阻害薬の有害事象リスク因子の探索
橋本 理恵子 大分大学 AYA世代がん患者を支える看護相談における援助モデルの開発

過去の実績はこちら