がんサバイバーシップ研究支援事業|がん研究助成や振興を行う公益財団法人がん研究振興財団

革新的がん医療実用化研究推進事業 -がんサバイバーシップ研究支援事業-

革新的がん医療実用化研究推進事業 がんサバイバーシップ研究支援事業 趣旨
がんの診断や治療を受けた「その後」を生きていくプロセス全体として、
がんが長く付き合う慢性病に変化しつつある今日、
「診断から治療後も充実した社会生活を送る」ための研究支援を行います。

本年度事業内容

※以下の書式は、変更せずに使用して下さい。また、両面印刷をせず、片面印刷で提出して下さい。

書式 Word
収支決算報告書
研究報告書

2019年度受賞者

氏名 研究課題名 助成金
(万円)
所属機関
内田 恵 がん治療後も残存する倦怠感と精神心理的苦痛を軽減するためのウェブツールの開発 45 名古屋市立大学病院
平山 貴敏 スクリーニングツールを活用したAYA世代がんサバイバーシップケアの開発 30 国立がん研究センター中央病院
森下 慎一郎 乳がんサバイバーの続発性リンパ浮腫を予防し、QOLを向上させるための予防的リハビリテーション方法の検討 50 新潟医療福祉大学
松井 基浩 AYA世代がん患者の心理社会的困難及び成長に関する調査研究 2年後コホート研究 50 東京都立小児総合医療センター
尾瀬 功 胃がん・大腸がんサバイバーの治療後のうつと関連する社会的・経済的要因の探索 30 愛知県がんセンター
関 由起子 小児がん患児への特別支援教育の新たな役割:未来志向の教育に向けて 50 埼玉大学
大塚 泰正 がんサバイバーの就労を支援するキャリアカウンセリング法の開発-働くことの意味づけと回復期の心理的適応プロセスの関連- 50 筑波大学
山邊 惠里 がんサバイバーのための合理的配慮-就労を通じた社会参画にむけた権利性の法的考察- 15 早稲田大学大学院
木下 由美子 前立腺がんサバイバーのQOL向上を目指した支援モデルの構築 50 宮崎大学
福島 卓矢 がんサバイバーに対するリハビリテーション支援体制の構築 50 国立がん研究センター中央病院

本年度事業内容

※以下の書式は、変更せずに使用して下さい。また、両面印刷をせず、片面印刷で提出して下さい。

書式 Word
収支決算報告書
研究報告書

平成30年度受賞者

氏名 研究課題名 助成金
(万円)
所属機関
平山 貴敏 AYA世代のがん患者の交流サロン『AYAひろば』の開発 50 国立がん研究センター中央病院
全田 貞幹 頭頸部がんで化学放射線治療(CRT)を受けた患者の晩期有害事象(嚥下障害)に関する適正なfollow-up方法の確立に関する研究 50 国立がん研究センター東病院
大久保 亮 必須脂肪酸・腸内細菌叢バランスとがん再発恐怖の関連:探索的横断研究 50 国立がん研究センター
石井 瞬 外来リンパ浮腫患者に対する運動療法支援ネットワークの構築 50 長崎大学病院
松井 基浩 AYA世代がん患者の心理社会的困難及び成長に関する調査研究 1年後コホート研究 50 東京都立小児総合医療センター
貞廣 良一 多目的コホート研究におけるがん生存者の認知機能障害に対する予防対策解明のための分析疫学的研究 50 国立がん研究センター中央病院
松井 豊 がん及びがん体験者への偏見に対する研修プログラム作成の試み-がんと恋愛・結婚に着目して- 50 筑波大学大学院
中谷 有希 AYA世代のがん患者に向けた療養支援Webサイトの有用性に関する探索的研究 50 国立がん研究センター
小山 美樹 外来で経口抗がん剤治療を受ける脆弱な高齢がん患者のQOL維持・向上にむけた患者教育 50 東京女子医科大学病院
李 慶姫 歯科診療所におけるがん患者の不安に関する調査と歯科診療所向けリーフレットの開発 50 東京医科歯科大学大学院

過去の実績はこちら