がんサバイバーシップ研究支援事業|がん研究助成や振興を行う公益財団法人がん研究振興財団

革新的がん医療実用化研究推進事業 -がんサバイバーシップ研究支援事業-

革新的がん医療実用化研究推進事業 がんサバイバーシップ研究支援事業 趣旨
がんの診断や治療を受けた「その後」を生きていくプロセス全体として、
がんが長く付き合う慢性病に変化しつつある今日、
「診断から治療後も充実した社会生活を送る」ための研究支援を行います。

本年度事業内容

平成28年度がんサバイバーシップ研究助成金(一般研究課題)の公募を下記のとおり行います。
詳細は、募集要領をご覧ください。

※以下の書式は、変更せずに使用して下さい。また、両面印刷をせず、片面印刷で提出して下さい。

書式 PDF Word
申請書
収支決算報告書
研究報告書

平成28年度受賞者

氏名 研究課題名 助成金
(万円)
所属機関
明智 龍男 乳がんサバイバーの経験する再発不安・恐怖の緩和に資する新たな心理的介入法の開発 100 名古屋市立大学大学院医学研究科
齋藤 英子 がん患者の栄養・食事環境の整備に関する研究 50 国立がん研究センター社会と健康研究センター
山口 雅之 小児がん克服者の男性不妊治療を支援する画像診断法の開発 100 国立がん研究センター先端医療開発センター
勝良 剛詞 がん患者が均質で高い質の口腔支持療法を受けることが可能になる均てん化支援ツールの開発 100 新潟大学医歯学総合病院
岸田 徹 AYA世代のがんが恋愛や結婚に及ぼす影響 100 国立がん研究センター
綿貫 成明 手術を受けた食道がんサバイバーが「自分に合ったよりよい退院後の生活をする」ための支援プログラムの開発と普及 -高齢がんサバイバーを対象としたケアに重点をおいたケアの展開- 100 国立看護大学校
御舩 美絵 がん治療後に子どもを持つ可能性を残す-思春期・若年成人がん患者に対するがん生殖医療に要する時間および経済的負担に関する実態調査 50 若年性乳がんサポートコミュニティPink Ring
渡邊 清高 がんの在宅医療と療養介護に関する患者・家族・支援者向け情報提供手法の開発に関する研究 100 帝京大学

過去の実績はこちら